藤本美貴、カジュアルディナーショー。

今年度初現場、と言う訳でラクロに行って参りました。
現地着が17:30。既に階段下までの列が出来ており、気温3度の中、会場時間までしばしの我慢w
入場後、入り口横の物販でDVDを購入。

荷物を預け、座席に通されるとステージ真正面のテーブルw
ヤバイ近さですよ、こりゃ。。
ひとまずドリンクをオーダー、酔いが回るのもやたら早いですね。

本日のメニュー。
c0001889_3123842.jpg

量的には軽いランチ程ですね。
食事を済ませてから、時間まで外で一服w
いよいよ開演です。。

セットリスト

01 ロマンティック 浮かれモード
02 シャイニング 愛しき貴方
03 会えない長い日曜日
04 さよなら
05 幼なじみ
06 恋ING
07 SHALL WE LOVE ?
08 満月
09 大阪恋の歌
10 ボーイフレンド

オープニングからいきなりロマモー。
こんなに落ち着いたロマモーを聴くのは初めてですね。
心成しか、ミキティは少し緊張気味に見えました。
シャイニングは、生バンドに合った選曲だと思います。
"SHALL WE LOVE ?"のサビ部分もそうだと思うんですが、声を張る感じの箇所は生バンドだとより一層ボーカルが引き立つ感じですね。
シャイニングの"奪い去ったまま~"の部分はホントに鳥肌ものでした。

会えない~後のMCで、普段ロマモーの時はみんな楽しそうにマワってると発言w
会場が笑いに包まれた辺りから、ミキティの表情も緊張が解けた様。。

さよならは、オフコースのカバー曲。
ミキティ自身、この曲はサビの部分をなんとなくしか知らなかったそうです。
本人は難しかったと言ってましたが、しっかりと歌いこなせていたと思います。
また、何かの機会で披露される事を期待したいですね。。
幼なじみの前には初恋の話しが… 小1だそうですw
観客に「恋した事ありますよねぇ?? 無いとお話にならないんですけど… 」と、問い詰める場面もw もちろん、この後会場は笑いに包まれましたw
恋ING。
イントロを聴いた瞬間、キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!と思いましたねw
ま、密かにセットリストに含まれる事を期待してた曲ですけど、本気で嬉しかったですね。
自分が娘。で1番好きな曲でもありますし、この曲以降は一種の放心状態で何も考えずにただただ聴き入ってた状態でした。
これがディナーショーのマジックなんでしょうかね…

公演は約1時間で終了。
アンケートを書き、ポラ撮影に。。
おいらは早めで4番目でした。
軽く挨拶→撮影→握手という流れ。
終始テンパりながらだったと思いますw
この状態でテンパらない方がおかしいですよ。。
握手は係員に急かされる事も無いんで、伝えたい事はちゃんと言えましたw
返事を返してくれたんですけど、意識朦朧なのでうろ覚え(^_^;)
かなりグダグダになりましたね。。
ま、これ以上書くとキモくなりそうなので辞めますw

今回初のラクロ参戦でしたけど、純粋に歌を聴いて楽しむ事が出来た公演でした。
普段の大盛り上がりのコンサートも良いけど、歌をじっくり楽しむって事の良さを改めて再認識させられた感じがしましたね。
ミキティも、それだけの物を見せてくれました。。
また、機会があれば是非参戦してみたいですね。
そして、将来的には1推しにもこんな素晴しいステージが開ける様になってもらいたいと…
c0001889_14195221.jpg

[PR]

by takayan-r33 | 2006-02-05 14:20  

<< 絵里ヲタw 青封筒。 >>